なめ茸と納豆で便秘を治そう|体験談

なめ茸納豆で、あれほど頑固だった便秘体質が改善された、私の体験談です。

若いころから、すぐに便秘気味になり、お腹が張って不快な日が続く生活を続けていました。

30歳半ばを越して、お腹ぽっこり、徐々に太ってきたのでダイエットもしなくちゃと思っていました。

このぽっこりは便秘のためか、太ってきたためかどちらかはわかりませんが、とりあえずダイエットをするにも、便秘体質を解消しなければ効率が悪いと思いました。

そこで本腰を入れて、まずは便秘体質を治したいと思いました。

知人の看護師さんのアドバイスで、まずは食生活の改善から始めました。

食物繊維たっぷりの食生活を心がけました。

食物繊維には不溶性(水に溶けない)と水溶性(水に溶ける)の2種類あると言われます。

バランスよくどちらも食べるのがベストです。

水溶性食物繊維が便に水分を与えて柔らかくし、不溶性食物繊維が便のカサを増やして大腸の蠕動運動を促します。

知人の看護師さんが勧めてくれたのが、なめ茸納豆です。

納豆にタレの代わりになめ茸を入れて良くかき混ぜて食べるだけです。

納豆もなめ茸にも、不溶性と水溶性の食物繊維がかなり豊富に、バランスよく含まれるのだそうです。

このなめ茸納豆を毎晩夕食でいただきました。

納豆って嫌いじゃないのですが、付いてるタレによって味がずいぶんと左右されて、美味しかったりイマイチだったりするのですね。

でも、なめ茸を加えると、どんな納豆でもすごく美味しくなることに気が付きました。

これを一ヵ月間続けて。。結果的に便秘がほとんど無い生活になりました。

なめ茸納豆は、食べてもすぐに改善するわけではないので、毎日続けることが大事です。


効果てきめん便秘茶、キャンデト茶

今ある便秘を、とりあえずすぐに解消したいなら、お薬に頼らずに便秘茶がおススメ。
便秘茶【キャンデト茶】を飲んで翌日には便秘解消。
その後はなめ茸納豆を毎日食べて徐々に便秘体質を治していくのが良いかも。。

基本的に便秘が続く体質は改善されても、時には便が出ない日があるのは普通のこと。
大事なのは、便を溜めこまないで、出来るだけ早く出すことですね。
キャンドルブッシュ配合のキャンデト茶(おいしいハーブティーです)は夜に飲めば、翌朝には効果があります。
便秘ぎみだと感じた時は、早めにキャンデト茶を一杯飲んでお腹をスッキリさせましょう。

便秘茶となめ茸納豆で、今は便秘でお腹が張ることのない”快腸生活”になりました。


トップに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です