便秘にならないための基本

便秘体質の人が初めに知っておきたいことは、便秘にならないための基本ですね。

便秘にならないための食事

基本的にバランスよく食べることが大事です。
食物繊維が多いものを摂ることを心がけるより、基本はバランスがとれているかどうかですね。
偏りがあるとせっかくの栄養が上手く摂取されないので、排出の機能も低下することになるからです。
つまり、整腸作用があるモノばかりを食べていてもダメで、その機能を発揮するためには栄養は必要になるということです。
ですから、様々なものをバランスよく食べるということがいいでしょう。

水分不足を避けるためにお茶を飲む

便秘の大敵は水分不足ですね。
便秘になる人の多くは宿便という便が腸の中で長くとどまっているので水分が無くなって体の外に排出しにくい状態になっています。
これに水分を与えることが出来れば、腸の蠕動運動によって体の外に排出されるようになります。
水分の補給にも食物繊維やビタミン類の補給に役立つのがお茶です。
お茶にはいろいろと種類がありますが、ほとんどのお茶は便秘に効果があります。

ストレスを受けない生活

そして、ストレスを受けないようにすることも大切です。
ストレスを受けると体は機能を緊急事態に対応する方向に使います。
ですから、排出などの機能は後回しにされるわけです。
そうした状態が続けば便秘になりやすくなります。
ストレスを長時間受けないようにしたり、ストレスを発散させて適度にリラックスできる環境を作ることも必要です。

でも便秘になってしまったら溜めないで早めに出すことが大事
薬以外で解消するなら便秘茶がおススメ、夜飲んで朝にはお通じが。。
キャンデト茶
キャンデト茶最安値の入り口