AECスッキリウォーターは硬水だからマグネシウムがたっぷり

AECスッキリウォーターは硬水だから便秘に効くのです!

海洋深層水も含めて、あらゆる水には硬水と軟水に区別されます。

その違いは水に含まれるマグネシウムとカルシウムの量です。

そして、水の硬度は以下の計算式で出されます。

硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)

世界保健機関の基準では、硬度が120未満を「軟水」、120mg以上を「硬水」と定めています。

簡単に言えば、カルシウムやマグネシウムの含有量が多いものが硬水、少ないものが軟水です。

一概に深層海洋水と言っても、その硬度には種類によりかなりの差があります。

例えば、DHCの海洋深層水は1リットルあたり。。

カルシウム 2.1mg、マグネシウム6.4mg ですので 硬度は30.85になります。

だから軟水ですね。

一方、AECスッキリウォーターを計算すると(1リットル当たり)。。

カルシウム 85mg、マグネシウム240mg ですので 硬度は1172.5になります。

これはかなりの硬水ですね。

マグネシウムとカルシウムの含有量は、AECスッキリウォーターのほうが格段に多いことが分かります。

DHCだけではなくて、他の海洋深層水に比べてもAECスッキリウォーターはミネラル分を豊富に含んでいます。

ただし、水の硬度は口当たり(おいしさ)に現われると言われます。

軟水のほうがクセが無くて美味しい、硬水は人によってはまずいと感じます。

私がAECスッキリウォーターを飲んだ感想としては、それほどのクセは無いと思われるのですが。

味覚に敏感な人でも、健康のため便秘解消、頭痛予防のためと思えば、気にせずに難なく飲めるくらいに十分に美味しいと思います。

便秘解消に偏頭痛の予防にマグネシウムたっぷりのAECスッキリウォーター