カイテキオリゴの便秘改善効果|オリゴ糖のチカラ

カイテキオリゴが腸内のビフィズス菌に働きかけて善玉菌優位な状態に。

便秘の大きな原因の一つが腸内環境の悪化ですね。

つまり、大腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが悪い状態になると便秘や他の体調不良の原因になります。

常に悪玉菌に対して善玉菌優位な状態に維持することが便秘を回避するには大事です。

一般には善玉菌の代表的なものはビフィズス菌と乳酸菌と言われます。

しかし、実際には大腸内の善玉菌の大半はビフィズス菌というのが事実です。

なので、便秘をしない腸内環境にするにはビフィズス菌を増やすことが重要になってきます。

オリゴ糖は昔から健康食品として注目されていますが、よく知られる効果の一つが便秘解消です。

それでは何故オリゴ糖が便秘解消に良いと言われるのでしょうか?

オリゴ糖は大腸に到達すると、発酵されてビフィズス菌のえさになります。

それによって善玉菌であるビフィズス菌が増えることになり、腸内フローラの中の善玉菌勢力が優位な状態になります。

ただ、オリゴ糖にも種類があり、胃や小腸で吸収される消化性のものと大腸まで届く難消化性のものがあります。

難消化性のオリゴ糖でなければ、善玉菌を増やす効果は薄くなります。

消化性のオリゴ糖の一つに大豆オリゴ糖がありますが、安価で手軽に摂れるのが利点ですが、半面、大腸には届きにくいというデメリットがあります。

北の快適工房の「カイテキオリゴ」はしっかり大腸まで届くオリゴ糖。

しかも多数ある種類のビフィズス菌それぞれに相性を合わせたオリゴ糖を配合し、効率よく善玉菌を増やせます。

カイテキオリゴが腸内のビフィズス菌に働きかけて善玉菌を増やす仕組みを「EOS(イオス)理論」と言います。

このEOS製法によって作られたオリゴ糖だからこそ、他のオリゴ糖より優れて効果を発揮するのです。

便秘の改善に効果を発揮するカイテキオリゴのオリゴ糖、仕組みを詳しく知るには。。